PMシリーズ

PM-50P1.png
0.4MPaの圧縮エアを動力源にし、低価格で小型、手軽に扱える廃缶処理機です。
約30秒で圧縮。毎時120缶を処理。(缶の出し入れ時間を除く)
2.5トンの加圧力(0.4MPaの時)と丈夫な本体。
コンプレッサーは、2馬力以上をお勧めします。
PM-50
足踏みペダルを踏むと加圧板が作動。18L缶用。
PM-50.png
処理廃缶 18L缶
加圧力 2.5t
処理能力 30秒/回
圧縮エア 0.3~0.5MPa
消費エア 72L/回
エア接続口 1/4ニップル
奥行D×幅W×高さH 540×460×1005
概略重量 85kg
PM-50P
足踏みペダルを踏むと加圧板が作動。ペール缶と兼用。
PM-50.png
処理廃缶 18L、ペール缶
加圧力 2.5t
処理能力 30秒/回
圧縮エア 0.3~0.5MPa
消費エア 72L/回
エア接続口 1/4ニップル
奥行D×幅W×高さH 540×460×1035
概略重量 85kg
PMC-50
全体を板で覆われているので安心です。
廃缶18L缶又はペール缶を入れて蓋を閉めると、圧縮が始まります。処理が終わったら、蓋を開けて出来上がり。こぼれた廃液は本体の背中(内側)を流れ、後ろに置いたトレーがキャッチしてくれます。
PMC-50.png
処理廃缶 18L、ペール缶
加圧力 2.5t
処理能力 30秒/回
圧縮エア 0.3~0.5MPa
消費エア 72L/回
エア接続口 3/8ソケット
奥行D×幅W×高さH 537×645×1170
概略重量 150kg
【ご注意】
ストッパーが天板についていますので、廃缶はストッパー分の厚さになります。
もっと薄くしたい場合は、2枚から3枚重ねて再度圧縮してください。
コンプレッサー、ホース等は別途お求めください。
2馬力以上のコンプレッサーをお勧めします。